MESSAGE

日本の高齢者人口は、国民全体の約1/4にまでなりました。また、子どもたちの基礎体力の低下も増加してきております。さらに、メタボリックシンドロームなど中高年の健康も脅かされており、国民全体すべての世代の健康に問題があり、その対策を講じる必要があります。しかし現状では、高齢者に対する健康指導や介護指導は病院や施設などの一部の場所に限られており、十分な状態とはいえません。また、子どもたちへの体力管理・健康指導もあまり浸透していない状況にあり、健康づくりへの対策が十分に出来ていないと感じます。こうした背景があるなか、指導員の育成を目的とした認定資格の付与、健康増進の啓蒙活動を目的とした法人を設立しました。 この法人の設立により、多くの人々の健康増進に役立つ活動をしたいと考えております。「ストレッチ」を地域に普及させ、健康の大切さを伝える事で社会貢献をしていきます。皆様、よろしくお願いします。

特定非営利活動法人
日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会 

GALLERY

QUALIFICATION

日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会の認定資格は、機能解剖学やバイオメカニクス、筋生理学やスポーツ医学などといった、幅広い専門知識の習得レベルに応じて、各種認定試験において基準点をクリアーした方に与えられる資格です。これらの認定資格は、競技者や一般人から、高齢者や障がい者、またはストレッチングを習得したいと考える各種専門職へのインストラクションなど、リスク管理の高度さやクライアントに求められるクオリティレベルなどに合わせて、その資格認定を段階ごとに区分して講習会・認定試験を行っております。対象者に応じたストレッチパターンの考案やプログラミング、各種傷害の評価に基づくストレッチングする筋の決定と方法の選択など、熟練度が増すにつれてその応用レベルは向上することでしょう。

現在、日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会で認定している資格は「3つ」あります。
  • JPCA認定
    パートナーストレッチ
    ベーシックトレーナー

  • JPCA認定
    パートナーストレッチ
    アドバンストレーナー

  • JPCA認定
    パートナーストレッチ
    マスタートレーナー


JPCA認定パートナーストレッチベーシックトレーナー


パートナーストレッチの基本的な理論と実践スキル、解剖学の基礎を習得します。マッサージベッド、エクササイズマットどちらでもの対応可能な全身のパートナーストレッチサービス(75分間程度)を実践できるようになります。 ご自身の復習の目的に限り、講座の写真撮影、動画撮影が可能です。どなたでも受講出来ますが、認定試験(筆記、実技)があります。

内容

  • ■ストレッチ概論(分類、種類,禁忌、注意、歴史)
  • ■セルフストレッチとパートナーストレッチの違い
  • ■トレッチのための解剖生理学基礎(骨格系、神経系、筋系)
  • ■解剖学に基づいたパートナーストレッチ法(仰臥位、伏臥位、横臥位、座位)
  • ■下腿部ストレッチ法(腓腹筋、ヒラメ筋、前脛骨筋、腓骨筋群)
  • ■大腿部ストレッチ法(ハムストリングス、大腿四頭筋、内転筋群、殿筋群、深層外旋六筋)
  • ■体幹部ストレッチ法(大腰筋、腸骨筋、腹筋群、広背筋、菱形筋群、脊柱 起立筋群、大胸筋、前鋸筋)
  • ■頸部ストレッチ法(僧帽筋、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋、板状筋群)
  • ■肩部ストレッチ法(三角筋、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)
  • ■上腕部ストレッチ法(上腕二頭筋、上腕三頭筋)
  • ■マッサージベッドでのパートナーストレッチ法(メリットとデメリット)
  • ■エクササイズマットでのパートナーストレッチ法(メリットとデメリット)
  • ■45〜75分の全身ストレッチサービス実践フロー
  • ■安全性と効果性を高めるトレーナーの身体の使い方
  • ■ストレッチ効果を高めるための環境づくり
  • ■ストレッチサービスのためのコミュニケーションスキル
  • ■総復習
  • ■認定試験(筆記、実技)

合格者には日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会認定 パートナーストレッチ ベーシックトレーナー資格付与


JPCA認定パートナーストレッチアドバンストレーナー


姿勢評価分析法、柔軟性チェック法と姿勢改善、腰痛、肩こりに対処するストレッチ法など、目的別ストレッチ法を習得します。 現場で、お客様の身体の状態に合わせたパートナーストレッチが行えるようになります。 ご自身の復習の目的に限り、講座の写真撮影、動画撮影が可能です。 受講資格は、ベーシックトレーナーの資格取得者または、相応の技術を有していると認められた方に限られます。

内容

  • ■ストレッチのための解剖生理学応用(骨格系、神経系、筋系)
  • ■姿勢評価分析法(静的姿勢、動的姿勢)
  • ■柔軟性、関節可動域チェック法
  • ■姿勢改善のためのストレッチ法
  • ■腰痛のメカニズムとストレッチでの対処法
  • ■肩こりのメカニズムとストレッチでの対処法
  • ■筋膜リリースとの組み合わせによる効果的な施術法
  • ■牽引法、振戦法、叩打法、軽擦法、他動運動法など、他手技との組み合わせによる効果的な施術法
  • ■身体評価を基にした施術のプランニングと実践法
  • ■部位別ストレッチのバリエーション
  • ■総復習 認定試験(筆記、実技)

合格者には日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会認定 パートナーストレッチ アドバンストレーナー資格付与


JPCA認定パートナーストレッチマスタートレーナー


ベーシック、アドバンス養成コース指導法を習得します。 アドバンストレーナーの資格取得者または、相応の技術を有していると認められた方に限られます。 合格者は、アドバンス・ベーシックへの指導資格を取得できます。

内容

  • ■解剖学の実践的指導法
  • ■手技施術理論指導法
  • ■ストレッチ概論指導法
  • ■パートナーストレッチ実践指導法
  • ■講師のためのコミュニケーションスキル
  • ■講師のためのコーチングスキル
  • ■講師のためのマーケティングスキル
  • ■講座開催の流れ

受講料

SCHEDULE

講習会・イベント情報

2017年JPCA認定パートナーストレッチトレーナー資格講座
スケジュール


パートナーストレッチ ベーシックトレーナー資格講座


【第19期】日曜3日間コース  新見講師  (再受講可) 11/26(日)10:00〜17:30 12/3(日)10:00〜17:30 12/10(日)10:00〜13:00 [筆記・実技試験含む]
※受付終了しました。

【第20期】2日間集中  新見講師  (再受講可) 12/16(土)10:00〜19:00 12/17(日)10:00〜19:00
※受付終了しました。

2018年

【第21期】2日間集中  新見講師  (再受講可) 1/20(土)10:00〜19:00 1/21(日)10:00〜19:00[筆記・実技試験含む]

【第22期】木曜3日間コース  新見講師  (再受講可) 2/1(木)10:00〜17:30 2/15(木)10:00〜17:30 3/1(木)10:00〜13:00 [筆記・実技試験含む]

【第23期】金曜3日間コース  大石講師  (再受講不可) 2/9(金)10:00〜17:30 2/16(金)10:00〜17:30 3/2(金)10:00〜13:00 [筆記・実技試験含む]

【第24期】日曜3日間コース  新見講師  (再受講可) 3/4(日)10:00〜17:30 3/18(日)10:00〜17:30 4/1(日)10:00〜13:00 [筆記・実技試験含む]

【第25期】金曜3日間コース  大石講師  (再受講不可) 3/9(金)10:00〜17:30 3/16(金)10:00〜17:30 3/30(金)10:00〜13:00 [筆記・実技試験含む]

パートナーストレッチ アドバンストレーナー資格講座


【第6期】木曜コース  新見講師 (再受講可) 11/16(木) 10:00〜19:00 11/30(木) 10:00〜19:00 [筆記・実技試験含む]

※追加スケジュール、2018年4月以降のスケジュールは、随時アップ致します。

定員:各回4名の少人数制

会場:スタジオニュートラル(東京都渋谷区代々木)
代々木駅から徒歩6分、北参道駅から徒歩5分 会場までのアクセスはお申し込みの方に別途お伝え致します。

※お申し込みを検討中の方向けに、体験施術&個別カウンセリングをご用意しております。お一人様1回限り、特別価格で¥3,500/60分(税込)となります。 ご希望の方は、フォームより[体験施術希望]とご連絡ください。折り返し予約可能日程、詳細などご連絡差し上げます。

※3名以上での受講をご希望の場合は、関東以外の地域でも 講師派遣による資格講座開催が可能ですので、ご相談ください。

COMPANY

  • 特定非営利活動法人 日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会

    〒101-0041
    東京都千代田区神田須田町1-10

    TEL 03-6324-1325

    e-Mail info@jp-ca.com