認定資格制度

日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会の認定資格は、機能解剖学やバイオメカニクス、筋生理学やスポーツ医学などといった、幅広い専門知識の習得レベルに応じて、各種認定試験において基準点をクリアーした方に与えられる資格です。
 これらの認定資格は、競技者や一般人から、高齢者や障がい者、またはストレッチングを習得したいと考える各種専門職へのインストラクションなど、リスク管理の高度さやクライアントに求められるクオリティレベルなどに合わせて、その資格認定を段階ごとに区分して講習会・認定試験を行っております。
対象者に応じたストレッチパターンの考案やプログラミング、各種傷害の評価に基づくストレッチングする筋の決定と方法の選択など、熟練度が増すにつれてその応用レベルは向上することでしょう。

現在、日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会で認定している資格は「3種類」あります。

受講資格

受講資格
JPCA認定
パートナーストレッチベーシックトレーナー

パートナーストレッチの基本的な理論と実践スキルを習得します。
どなたでも受講出来ますが、認定試験があります。

BASIC(全2回)
第1回
  • ストレッチについて
  • セルフストレッチとパートナーストレッチ
  • ベッドでのストレッチとマットでのストレッチ
  • 効果的なストレッチ法
  • パートナーストレッチ業界の現状と未来
  • ストレッチのための基礎解剖学1
  • ストレッチ実践 ベーシック1
  • トレーナーの身体の使い方
第2回
  • ストレッチのための基礎解剖学2
  • ストレッチ実践 ベーシック2
  • ストレッチサービスのためのコミュニケーションスキル
  • ストレッチサービスの組み立て方
  • ストレッチサービスの応用と可能性
  • 筋膜リリースとの組み合わせ
  • 総復習
  • 認定試験(筆記、実技)

合格者には
日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会認定
パートナーストレッチ ベーシックトレーナー資格付与


JPCA認定
パートナーストレッチアドバンストレーナー
姿勢分析法や姿勢改善ストレッチをのためのストレッチ法を習得します。
受講資格は、ベーシックトレーナーの資格取得者または、相応の技術を有していると認められた方に限られます。
ADVANSE (全2回)
第1回
  • 姿勢分析と姿勢改善のためのストレッチ法
  • ストレッチ実践 アドバンス
  • 時間内でのサービスの構成法
  • 腰痛、肩こりのメカニズムとストレッチ法
  • 手技との組み合わせ
第2回
  • 姿勢分析と姿勢改善のためのストレッチ法2
  • ストレッチン実践 アドバンス2
  • 時間内でのサービスの構成法2
  • ストレッチのフローモーション
  • 効果的なコミュニケーション
  • ストレッチの応用法
  • 総復習
  • 認定試験(筆記、実技)

合格者には
日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会認定
パートナーストレッチ アドバンストレーナー資格付与


JPCA認定
パートナーストレッチマスタートレーナー
ベーシック、アドバンス養成コース指導法を習得します。
アドバンストレーナーの資格取得者または、相応の技術を有していると認められた方に限られます。
合格者は、アドバンス・ベーシック・一般指導員への指導資格を取得できます。
MASTER
第1回
  • 解剖学指導法
第2回
  • パートナーストレッチ べ−シックコース指導法
第3回
  • パートナーストレッチ アドバンスコース指導法
第4回
  • パートナーストレッチ アドバンスコース指導法
第5回
  • 総復習
  • 認定試験(筆記、実技)

合格者には
日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会認定
パートナーストレッチ マスタートレーナー資格付与
協会認定マスタートレーナーオリジナルピンバッジ


JPCA認定資格
受講料
コース
時間数
料金
備考
ベーシックトレーナー
16時間
(2~4日間)
58,000円(税別)
アドバンストレーナー
16時間
(2~4日間)
58,000円(税別)
マスタートレーナー
個々人の習得度合により変動
お問合せ下さい

ページの先頭へ戻る